2018年12月17日(月)

米SEC、テスラに召喚状 「モデル3」の生産計画で

自動車・機械
北米
2018/11/3 9:07
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米テスラの新型車「モデル3」の生産計画をめぐり、米証券取引委員会(SEC)が同社に証言や書類提出を求める召喚状を送っていたことが2日、明らかになった。テスラはモデル3の生産計画の達成時期を繰り返し延期しており、SECは過大な数値目標を示して投資家を欺いた恐れがないかどうかを調べているもようだ。

テスラはモデル3の生産計画の達成時期を繰り返し延期していた=ロイター

テスラがSECに提出した2018年7~9月期の決算開示資料の中で明らかにした。同社は17年7月に納車を始めたモデル3について、当初は17年末までに週5000台を生産する計画だったが、18年6月に達成するまで2度延期を表明した。SECはテスラが17年にモデル3の生産速度について行った予測や公開資料の提出を求めたという。

モデル3の生産計画をめぐっては、テスラはこれまで米司法省からも自発的な捜査協力を求められていることを明らかにしていた。18年8月に公表し約2週間で取り下げた株式非公開化の計画に関しては10月にSECとの和解が成立したばかりだが、同社の情報開示姿勢に対する疑念は深まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報