米石油メジャー大幅増益、原油価格上昇が追い風

2018/11/3 6:51
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=中山修志】米石油メジャー2社が2日発表した2018年7~9月期決算は、両社とも最終増益となった。エクソンモービルは純利益が前年同期比57%増の62億ドル(約7000億円)、シェブロンは2.1倍の40億ドルに増えた。原油価格が約4割上昇し、開発・生産部門の採算が大幅に改善した。

原油価格の上昇で開発・生産部門の採算が大幅に改善した=AP

エクソンの売上高は25%増の766億ドルだった。7~9月の生産は原油換算で日量378万バレルと2%減ったが、原油価格が41%、天然ガス価格が30%上昇し収益を押し上げた。生産などの上流部門の利益は2.7倍に膨らみ、米国内の収支も黒字化した。

シェブロンの売上高は24%増の421億ドル。オーストラリアの天然ガス田や米パーミアン鉱区のシェール増産により、生産は9%増の日量295万バレルと過去最高になった。南アフリカの精製施設の売却益なども利益を押し上げた。

ただ、原油相場は10月初旬から下落に転じた。シェブロンのパトリシア・ヤリントン最高財務責任者(CFO)は2日の電話会見で「足元の下落にはさまざまな要因があり、先行きの予測は難しい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]