2018年12月15日(土)

米長期金利に再び上昇機運 賃金上昇「3.1%」の衝撃
10年債利回り、7年ぶり水準に迫る

北米
2018/11/3 6:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大塚節雄】米長期金利に再び上昇機運が強まっている。2日のニューヨーク債券市場では指標である米10年物国債利回りが上昇(債券価格は下落)し、午後には一時3.22%とおよそ2週間ぶりに3.2%台に乗せた。10月の米雇用統計で賃金の上昇率が9年半ぶりに3%を上回り、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ継続への意識が改めて強まったためだ。

【関連記事】10月の米賃金3.1%増 9年ぶり水準、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

10月の米賃金3.1%増 9年ぶり水準、利上げ後...[有料会員限定]

2018/11/2 21:44

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報