/

エジプトでバスに銃撃 7人が死亡、テロか

【パリ=白石透冴】エジプト中部で2日、キリスト教の一派であるコプト教徒が乗ったバスが武装した集団に銃撃を受けた。仏AFP通信などによると、バスに乗っていた7人が死亡し、14人が傷を負ったという。エジプトではコプト教徒を狙ったテロ事件が過去にも起きており、当局が関連を調べている。

バスはカイロから南に約200キロメートルの地点にある中部ミニヤに向かっていた。ミニヤでは2017年のラマダン直前にも、コプト教徒の乗るバスがイスラム過激派に襲撃され、約30人が死亡している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン