2019年6月25日(火)

衆院予算委論戦のポイント

2018/11/2 22:19
保存
共有
印刷
その他

衆院予算委で無所属の会・岡田克也氏(左)の質問に答える安倍首相(2日午前)

衆院予算委で無所属の会・岡田克也氏(左)の質問に答える安倍首相(2日午前)

小川淳也氏(立憲民主・市民クラブ、比例四国)=長妻昭氏の関連質問

【障害者雇用水増し】

小川氏 障害者雇用政策の信頼は傷ついた。

安倍晋三首相 長い間放置され、行政府の長として申し訳ない。民間はさまざまな工夫で、達成に努力している。法定雇用率を満たす形をつくるため、各省庁に工夫を凝らすよう指示している。

石井啓一国土交通相 長年、退職を確認せず追加計上が行われていた。ずさんとのそしりを免れない。深くおわびしたい。

小川氏 水増しは故意だ。

石井氏 意図的ではないと聞いている。

【口利き疑惑】

小川氏 潔く認め、辞任するのが最善だ。

片山さつき地方創生担当相 与えられた職務を粛々と果たしたい。

小川氏 首相は罷免、更迭すべきだ。

首相 与えられた職責をしっかり果たしてほしいと期待している。

【赤坂自民亭】

小川氏 (7月に)西日本豪雨の危険が迫る中での自民党懇親会「赤坂自民亭」が「悪い話ではない」とした発言を被災者にもするのか。

石田真敏総務相 大きな被害になるとの想定は、その時点でできなかった。不愉快な思いをされた方々には申し訳ない。

小川氏 不謹慎では。

首相 (危機管理の)対応が遅れたとの指摘は当たらない。野党は政治的に利用している。

階猛氏(国民民主・無所属クラブ、岩手)

【軽減税率】

階氏 飲食店で持ち帰れば8%、店内飲食は10%だ。持ち帰りで購入し、店内で食べて税率2%をごまかすことも起こるが、防げるのか。

麻生太郎財務相 政府として軽減税率制度の周知にきちんと対応しないといけない。店員は言いにくいだろう。買う人の申告に基づく。

【憲法改正】

階氏 憲法9条1、2項を残して自衛隊を明記する自民党憲法改正案では自衛隊の任務や権限に変更が生じないか。

首相 変更は生じないと考えている。

後藤祐一氏(国民民主・無所属クラブ、比例南関東)=階氏の関連質問

【消費税増税】

後藤氏 消費税増税はいつまでに決めるのか。

首相 2016年6月は世界経済がさまざまなリスクに直面し、デフレ脱却に向けた取り組みに万全を期すべきだということから、税率引き上げの延期を判断した。来年10月の引き上げ判断をいつするかは、経済動向を見ながら適切に判断しなければならない。

後藤氏 新しい判断をするのではないか。

首相 リーマン・ショック級の事態が起きない限り、引き上げていく。事態とは例えば、世界的な経済危機や大震災だ。

野党の理事らが抗議する中、答弁を続ける片山地方創生相(左)(2日午前)

野党の理事らが抗議する中、答弁を続ける片山地方創生相(左)(2日午前)

【口利き疑惑】

後藤氏 元私設秘書は参院を出入りできる通行証を持っていたのか。

片山さつき地方創生担当相 (本人が)強く要望したので、11年10月から15年5月までの間、保有していた。秘書として契約したこともなく、給与報酬などを払ったこともない。

奥野総一郎氏(国民民主・無所属クラブ、比例南関東)=階氏の関連質問

【外国人労働者】

奥野氏 受け入れ拡大に伴うセーフガードを用意しているか。

山下貴司法相 上限数値は設けない。継続的に雇用状況を把握し、受け入れ終了を判断する。

奥野氏 移民ではないから大丈夫と言うだけでなく、首相が先頭に立って説明すべきだ。

首相 人手不足は成長を阻害する大きな要因になり始めている。そういう中で、しっかりと制度を作る。来る側も受け入れる側も、お互いが尊重し合える共生社会の実現に向け、環境整備を進める。

衆院予算委で答弁する山下法相(2日午前)

衆院予算委で答弁する山下法相(2日午前)

渡辺周氏(国民民主・無所属クラブ、静岡)=階氏の関連質問

【日米地位協定】

渡辺氏 協定見直しについての考えは。

首相 安倍政権下で環境問題や軍属に関する補足協定を国際約束の形式で実現した。目に見える取り組みを積み上げ、協定のあるべき姿を不断に追究したい。

【横田空域管制権】

渡辺氏 羽田空港国際線の新航路は、在日米軍が航空管制を担当する「横田空域」にかかっている。米軍に管制権の返還を求めないのか。

石井啓一国土交通相 

返還交渉は行っていない。わが国の空域を一元的に管制する観点から関係省庁と協力しながら米軍と調整していきたい。

岡田克也氏(無所属の会、三重)

【全世代型社会保障】

岡田氏 給付と負担の見直しから逃げては、持続可能な社会保障制度は確保できない。本格的な見直しについて先送りするのではないか。

首相 給付と負担のバランスを含む改革を3年間集中で行う。私の任期内でやるべきことを先送りするということではない。

【財政健全化】

岡田氏 できるだけ首相の任期中に財政健全化に向けて努力すべきだ。

首相 経済を成長させつつ、財政健全化を図っていきたい。税収を増やしつつ、無駄な歳出を削減していく。

大串博志氏(無所属の会、佐賀)=岡田氏の関連質問

【森友学園問題】

大串氏 佐川宣寿前国税庁長官を「極めて優秀な行政官」とした発言を取り消すべきだ。

財務相 公文書改ざん問題は許されるものではないが、職務を適切に行っていた。

【消費税増税】

大串氏 逆進性対策にはならない軽減税率導入に伴う財源に、たばこ税増税などを充てようとしている。逆進性が高まるばかりだ。

財務相 飲食料品の税率を8%に据え置く軽減税率導入で、買い物の都度、痛税感を緩和できる。低所得者への配慮として実施することにした。

衆院予算委で18年度補正予算案が可決され、一礼する安倍首相(2日午後)

衆院予算委で18年度補正予算案が可決され、一礼する安倍首相(2日午後)

赤嶺政賢氏(共産、沖縄)

【米軍普天間飛行場】

赤嶺氏 沖縄県名護市辺野古移設を巡り、政府は辺野古沿岸部で埋め立てに向けた関連工事を再開した。「県民の気持ちに寄り添う」と言いながら、民意を一顧だにしない安倍政権の強権姿勢は断じて容認できない。

首相 法治国家として法律に基づき、必要な手続きが行われたと認識しており、尊重すべきものと考えている。

下地幹郎氏(維新、比例九州)

【辺野古移設】

下地氏 沖縄県の玉城デニー知事と協議すべきではないか。

菅義偉官房長官 面会の要請が来ている。来週、日程が合えば虚心坦懐に話を聞きたい。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報