米中間選挙、女性候補者は過去最高に

2018/11/2 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=関根沙羅】米中間選挙に向けて女性の政治参加が勢いづいている。出馬する女性候補者の数は上下院選ともに過去最高を記録。性的暴力の疑惑が浮上したブレット・カバノー氏の連邦最高裁判事への承認が女性有権者の投票率を高める可能性も取り沙汰される。女性票の行方は中間選挙の結果を左右する要因になりそうだ。

予備選を勝ち抜き、6日の中間選挙に出馬する女性候補者数は上院で22人、下院で235人と過去…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]