2018年12月13日(木)

10月の米賃金3.1%増 9年ぶり水準、利上げ後押し

トランプ政権
経済
北米
2018/11/2 21:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=河浪武史】米労働省が2日発表した10月の雇用統計(速報値、季節調整済み)は、平均時給が前年同月比3.1%増え、9年半ぶりの伸び率に高まった。景気動向を敏感に映す非農業部門の雇用者数も前月比25万人増え、労働市場は好調さを保っている。米連邦準備理事会(FRB)の利上げ路線を強く後押しする内容で、市場では金利上昇圧力が強まる可能性もある。

10月の雇用者数の伸びは前月(11万8千人)か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

米賃金が握る円安継続 過熱感で円高も[有料会員限定]

2018/10/5 13:43

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報