/

この記事は会員限定です

プラットフォーマーと取引、企業の8割が不利益経験

経産省、中小など対象に初の実態調査

[有料会員限定]

経済産業省が実施した、「プラットフォーマー」と呼ばれるオンライン仲介業と日本の中小企業などの取引実態に関する初の大規模調査の結果が分かった。8割超の企業が「規約などの一方的変更により不利益を受けた」と回答。取引先に最も有利な価格で取引するよう求める契約手法も根強く残っているようだ。

経産省は10月3~29日に、2千社(このうち中小企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン