戻り歩調の株価、米中間選挙の結果で急変動も

2018/11/4 0:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今週の株式相場は米国政治に左右される展開になりそうだ。6日に米中間選挙を迎え、月末の米中首脳会談に向けて貿易交渉への関心も高まる。結果次第で相場が急変動する場面もありそうだ。株価は戻り歩調だが、日本企業の2018年4~9月期決算は堅調ながら力強さを欠く。一本調子の上昇とはなりにくい。

中間選挙は日本時間の7日午前(米国時間の6日夜)に開票が始まる。東京株式市場は情勢を見極めながらの売買となる。4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]