航空機部品各社、東南アジアに飛ぶ 買収や新工場

2018/11/2 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の航空機部品メーカーが東南アジアで事業を広げている。特殊鋼卸の山一ハガネ(名古屋市)は仏企業と共同でシンガポールの同業を買収。治具メーカーの和田製作所(愛知県清須市)はマレーシアで工場新設に動き出す。アジアは航空機産業の集積地になっており、欧州エアバスや米ボーイング向けの部品取引を増やす狙いがある。

山一ハガネは2019年秋にも、シンガポールやマレーシアでエンジン関連や機体向けの部品工場を立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]