2018年12月11日(火)

強い放射線出す薬剤、難治性がん治療に期待

科学&新技術
2018/11/4 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

膵臓(すいぞう)や小児といった難治性のがんで、放射線を強く出す薬剤を使い治療効果を高める研究が相次いでいる。これまではがん細胞をたたくのに十分な強さを持った放射線を出すのが難しかったが、東京大学などは薬剤を新たに開発し、動物実験で効果を確認した。特殊な薬剤を使わない既存の放射線治療に比べ、副作用を大幅に抑えつつ有効に治療できるという。

がん患者に投与したホウ素などの薬剤に外から中性子を当て、放射…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報