シカゴ美術館や豪州の医療 大阪、姉妹都市連携で飛躍

2018/11/3 12:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

存在感のある国際都市への飛躍の足がかりにしようと、大阪市が海外との姉妹都市連携を深めている。草の根の活動に加え、近年は芸術や医療、ビジネスなど幅広い分野に交流を拡大。より実効性が見込める取り組みで実績を積み上げ、都市としての総合力を高める狙いだ。世界の主要都市との実力差は大きいが、インバウンド(訪日外国人)の増加なども追い風に、日本の大阪から世界中の人々に認められる「OSAKA」への転換を目指し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]