/

この記事は会員限定です

温暖化ガス、8割減らせるか 技術重視も浮かぶ規制論

[有料会員限定]

日本から出る二酸化炭素(CO2)などの温暖化ガスを長期で削減する対策作りが政府内で本格化している。2050年までに80%減らす目標に向けた新しい技術の開発が軸になるが、焦点は排出への規制案を盛り込むかどうかだ。企業の負担になるため政府内でも慎重意見は多いが、年内にもまとめる対策の大枠作りに向けて議論は避けて通れない。

政府目標のきっかけとなったのは、20年以降の地球温暖化を防ぐ国際枠組み「パリ協...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1355文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません