/

この記事は会員限定です

ドローンで携帯通信可能に 災害など幅広く活用

[有料会員限定]

総務省は携帯電話の無線設備をドローン(小型無人航空機)に搭載して上空で使えるようにする方針だ。現在は研究用など一部に限っているが、幅広く利用できるようにする。遭難者の捜索や産業用の画像伝送などでドローンを活用できる機会が広がりそうだ。

携帯電話の無線システムは現在、法令上は「陸上移動局」という位置づけで、上空での利用は想定していない。ドローンからの通信が増えれば、地上の携帯電話が混線するといった問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り382文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン