/

この記事は会員限定です

拒食症や不登校も 給食「完食」指導でトラブル頻発

[有料会員限定]

小中学校の児童生徒が教員から給食を完食するよう指導されたことがきっかけで、不登校になったり体調を崩したりするトラブルが相次いでいる。2017年に設立された支援団体には1日約10件のペースで相談が寄せられる。指導の行き過ぎを理由とする教員の処分や保護者の提訴につながった例もあり、指導のあり方が問われている。

「クラスメートの前で先生に魚を口に突っ込まれ、飲み込むまで見張られた」。千葉県の定時制高校3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン