/

この記事は会員限定です

電化と脱炭素が迫る再生エネ転換 コスト低下が後押し

商品部 久門武史

[有料会員限定]

太陽光や風力といった再生可能エネルギーが近い将来、発電の主役を担うとの見通しが広がってきた。キーワードは「電化」と「脱炭素」だ。新興国を中心に電力への依存度は高まっていく。一方、温暖化ガスを排出する化石燃料への風当たりは既に強い。さらに再生エネへの投資を後押しし、エネルギー転換を加速させるのが、コスト構造の急速な変化かもしれない。

「再生エネの消費量は2023年までに3割増え、世界のエネルギー需要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン