/

この記事は会員限定です

米産シェール相次ぎ入荷 変わるLNG調達マップ

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

日本企業の液化天然ガス(LNG)調達ルートの広がりが新たな局面に入る。長期契約では米国産シェールガスから作ったLNGの輸入を開始。仕向け地を限定しない契約形態も登場し、従来の日本の内需向けから新興国にも販路を広げる。アジアの消費国が増えて獲得競争も激化するなか、需給ネットワークの多様化に拍車がかかる。

豪の「日の丸LNG」初入港

新潟県上越市。国際石油開発帝石の直江津LNG基地に、週内にも、同社がオーストラリアで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン