/

埼玉・富士見市、金融機関と産業振興で連携

埼玉県富士見市は市内に支店を置く金融機関と産業振興などに関する連携協定を結んだ。人口減少や少子高齢化などを見据えて、企業誘致や創業支援、空き家対策などで協力する。同市が金融機関と協定を結ぶのは初めて。

協定を結んだのは埼玉りそな銀行、武蔵野銀行東和銀行、埼玉県信用金庫(埼玉県熊谷市)、川口信用金庫(埼玉県川口市)。市内で起業を検討する人向けに市の補助金制度や金融機関の融資メニューなど支援策を相互に紹介する。空き家相続や子ども向け金融教育のセミナー開催も検討する。

同市の担当者は「金融機関の専門知識を活用して、産業振興に一層力を入れたい」(政策企画課)と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン