新潟県三条市の渡辺刃物製作所 新技術導入で生き残り
(老舗の研究 持続の秘けつ)

2018/11/1 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鍛冶職人の町として長い歴史を持つ新潟県三条市。渡辺刃物製作所は約120年前からこの地で鍛冶工場を営んできた。握りハサミに始まり、包丁、鎌、指輪まで「新しいモノを取り入れる」精神で、職人魂を受け継いできた。

創業は1897年ごろ。旧六之町(現本町六丁目)で渡辺四郎次が握りハサミを作り始めたのがきっかけだ。西洋のハサミが浸透するまで、握りハサミは生活の中で欠かせない必需品。三条の町にも握りハサミの鍛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]