/

全家電製品群にAI パナソニック、21年までに

パナソニックは1日、2021年までに同社の全家電製品群で人工知能(AI)を搭載した商品を販売すると発表した。家電部門を担うアプライアンス(AP)社の本間哲朗社長が都内で開催中の100周年記念イベントで明かした。家電部門は18年4~9月期の営業利益が前年同期比17%減となり、高付加価値製品を投入して巻き返しを図る。

21年までに冷蔵庫や洗濯機など各製品の高価格帯のモデルに順次AIを搭載する。本間氏は「家電同士が接続されて賢くなることで、くらしをアップデートしていく」と述べた。

AI搭載家電の第1弾となる掃除機も同日公開した。厚いカーペットや畳を識別して乗り越えるほか、人の動きを学習してぶつからないよう動く。19年度中の発売を予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン