2019年6月24日(月)

理学・作業療法士の専門職大、設置認可を申請
岡山の本山学園

2018/11/1 18:50
保存
共有
印刷
その他

専門学校を運営する学校法人、本山学園(岡山市)は理学療法士や作業療法士を育成する「専門職大学」の開設に向けて文部科学省に設置認可を申請したと発表した。現在の岡山医療技術専門学校(同)を発展的に転換し、2020年4月に開学する予定。これまでのノウハウを生かし、リハビリに携わる高度な人材の育成をめざす考えだ。

専門職大は実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関で、専門職短期大学と共に改正学校教育法で19年4月からの創設が認められた。必要な専任教員の4割以上に実務経験者を採用し、卒業単位の3分の1以上を実習に充てるとしている。

新設を予定する「岡山専門職大学」(仮称)は岡山市の同学園に校舎を置き、健康科学部の下に理学療法と作業療法の2学科を設ける。募集定員は理学療法学科が80人、作業療法学科は40人。申請は10月25日付で、認可は早ければ19年8月ごろの見込み。同学園によると、岡山県内では唯一の申請という。

同学園は現在、岡山市内で医療技術、調理、歯科衛生の3つの専門学校を運営。専門職大の開設については「実践力や新サービスの創造力を持った人材を育てたい」(大学開設室)としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報