/

自民「政府は速やかな措置を」 徴用工判決で外相に

自民党は1日、韓国大法院(最高裁)が元徴用工への損害賠償を新日鉄住金(旧新日本製鉄)に命じた判決を受け、河野太郎外相に決議を提出した。外交部会などの合同会議がまとめた。「政府が措置を速やかに取る」よう求め、日韓請求権協定に基づく協議の開始や国際司法裁判所(ICJ)への提訴などの対抗措置の検討を盛り込んだ。

河野氏は「政府として断固とした姿勢で対応する」と応じた。「大使館が各国にきちんと説明するよう指示した」とも述べた。松下新平外交部会長が提出後、記者団に明らかにした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン