2019年2月16日(土)

携帯通信料値下げ、物価下押し 最大0.85%

2018/11/1 18:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモが携帯電話の通信料金を2019年4~6月に2~4割引き下げると発表したのを受け、物価が下押しされるとの見方が出ている。民間試算によると通信大手3社がそろって同等規模の値下げに踏み切った場合、消費者物価指数(CPI)は最大で0.85%下押しされる。政府と日銀が掲げる2%の物価目標達成には逆風になりそうだ。

第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストの試算によると、NTTドコ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報