/

世界の金需要1%増 7~9月、WGCまとめ

金の国際調査機関、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は1日、2018年7~9月期の金需要が前年同期に比べ1%増の約964.3トンだったと発表した。上場投資信託(ETF)は減少したが、アジアなどの新興国を中心に個人による宝飾品需要や、地金・コインの投資需要が増えた。

新興国で宝飾品用などの需要が堅調だ

内訳は全体の半分強を占める宝飾向けが6%増の535.7トンと堅調だった。消費が多い中国とインドが10%増え、ベトナムやインドネシアといった東南アジアも軒並み増加した。

地金・コインの投資需要も298.1トンと28%増えた。新興国で自国通貨安などへの対策として買われた面が強い。イランが3.4倍になったほか、インドや中国、インドネシアも増加した。

ニューヨーク金先物は米国の利上げ継続観測を背景に6月から下落基調を強め、8月中旬にはドル高も重なり1年7カ月ぶりの安値をつけた。「金相場が下落するとアジアで買いが増える傾向にある」(WGC東京事務所の森田隆大顧問)という。

全体で需要増が小幅だったのは、ETF絡みの資金が流出したためだ。ETFは現物の金を裏付けとして発行されることが多く、ETFの購入が鈍れば金保有残高の減少につながる。WGCによると前年に比べ103.2トンの金がETFから流出した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン