/

王子HD、インドで段ボール工場増設 30億円投じ4カ所目

王子ホールディングス(HD)は1日、インドで段ボール工場を増設すると発表した。建設中も含めて同国で4カ所目の製造拠点。約30億円を投じ、2020年3月の稼働を目指す。インターネット通販向けに広がる需要を取り込むほか、日系を中心とする自動車や日用品メーカーの梱包用途にも供給力を高める。

新工場はインド西部グジャラート州のサナンド工業団地に建設する。敷地面積は約7万5千平方メートルで、月産能力は600万平方メートル。周辺にはスズキホンダユニチャームなどの工場がある。新工場を拠点とする年間売上高を、25年3月までに30億円としたい考え。

王子HDは建設中を含め、インドで北部に2つ、南東部に1つの工場を持つ。今回、西部にも追加してカバー地域を拡大。インドでの月産能力は現在の200万平方メートルから、5年後までに1200万平方メートルに高める。

新工場は王子HDの東南アジア・インド地域での段ボール製造拠点としては、24カ所目。東南アジアでも新工場の建設を検討していくという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン