/

この記事は会員限定です

国際仲裁「素通り」の日本 拠点整備でも人材が不足

真相深層

[有料会員限定]

国際的なビジネス紛争を解決する国際仲裁を活性化させようと、官民の取り組みが動き始めた。企業間トラブルの仲裁地として国内外の企業に日本を活用してもらえれば国際金融都市として存在感が増す。ただ仲裁実績はシンガポールなどに集中しており、日本はほぼ「素通り」状態だ。専門の人材育成が急務だ。

英語やフランス語にも対応します――。日本の仲裁機関、日本商事仲裁協会(JCAA、東京・千代田)は8月、外国人を含む約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン