2018年12月11日(火)

電柱に宅配ロッカー 関電が実験、全国初

環境エネ・素材
関西
2018/11/1 16:42
保存
共有
印刷
その他

関西電力は1日、電柱に宅配ロッカーを設置して、荷物を受け取れる実証実験を始めたと発表した。2019年3月中旬までの期間限定で、京都府精華町の電柱3本にタッチパネルのついた宅配ロッカーを取り付けた。どこにでもある電柱を宅配ロッカーに活用するのは全国で初めてで、今後、運送会社の配送負担を減らす試みとして注目されそうだ。

関西電力などが実験を始めた電柱に設置した宅配ロッカー(1日午後、京都府精華町)

関西電力などが実験を始めた電柱に設置した宅配ロッカー(1日午後、京都府精華町)

精華町のマンションの敷地内などのスペースを借り入れて、ロッカーを設置した。対象マンションの約30世帯が利用できる。サービスは宅配ロッカーの販売のフルタイムシステム(東京・千代田)などと連携し、ヤマト運輸や佐川急便などの協力で実施する。利用者の不在時に運送会社がロッカーに荷物を入れ、利用者は暗証番号または交通系のICカードで解錠し、荷物を受け取れる。

電柱の宅配ロッカーの設置は、関電が16年に実施したビジネスコンテストのアイデアから発想を得た。関電管内の電柱本数は約270万本あり、今後、利用者の利便性などを考慮して事業化を検討していく。同社経営企画室イノベーション推進グループの田村慎吾マネジャーは「電柱はどこにでもあり、電源も確保でき有効活用できる」と話す。

ネット通販で宅配ニーズが拡大する中、運送会社はドライバー不足に直面している。ただ、利用者の不在時に活用されるマンションの宅配ボックスはスペースの制約があり、運送会社が再配達を余儀なくされるケースも少なくない。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報