/

「味スタ」命名権を更新、味の素

東京都などが出資する東京スタジアム(調布市)と味の素は大型競技場「味の素スタジアム」の命名権(ネーミングライツ)契約を更新した。新しい契約期間は2019年3月から24年2月までの5年間。契約は03年3月に始まり、更新を続けてきた。期間を合計すると21年間となり、国内の大型公共施設としては最長という。

同スタジアムは「味スタ」の愛称で知られ、サッカーJリーグのFC東京の本拠地になっている。今後5年間の命名権の契約金額は11億5000万円。

味スタでは19年のラグビーワールドカップ(W杯)で開会式や開幕戦が実施される。20年の東京五輪ではサッカーなどの会場となる。W杯と五輪の期間中も「味の素スタジアム」の名称で運営する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン