スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

「地方競馬の祭典」JBC、中央で初開催
レースの認知度向上狙う

2018/11/4 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本中央競馬会(JRA)の競馬場で「地方の祭典」――。地方競馬場の持ち回りで行われていたJBC(ジャパン・ブリーディングファームズカップ)が4日、京都競馬場で行われる。中央の競馬場でJBCを開催するのは初めて。JBC競走の認知度向上を狙った地方側が中央での開催を要請し、実現した。当日はダート1900メートル戦の「クラシック」などJpn1(G1級)競走を3つ実施する。

JBCが始まったのは2001年。地方公共団体が主催する地方競馬は当時売り上げ減に苦しみ、廃止にする主催者も出てきた。競走馬の大きな販路である地方の苦境に危機感を抱いた生産者が主導し、地方競馬振興を目指してJBCを創設した。

17年までは地方の持ち回りで開催。競馬場によって距離は異なるが、初期はダート2000メートル前後のクラシックと、ダート1200メートル前後の「スプリント」の2つのG1級のレースを行い、11年には牝馬限定の「レディスクラシック」を追加。同レースも13年にG1級に格付けされた。複数あるG1級に全国から有力な地方馬が集結、中央馬も参戦する「地方競馬の祭典」として、盛り上げを図ってきた。

クラシックの有力馬の一角、ケイティブレイブ(栗東トレーニング・センター)

クラシックの有力馬の一角、ケイティブレイブ(栗東トレーニング・センター)

こうした理念のレースを中央で開催する理由について地方側は「JBCの魅力を広く伝えるには訴求力の高いJRAで実施するよう要請すべきだ」との考えで、地方の各主催者が一致したと説明する。ほとんどの年で11月3日に開催してきたが、今年は土曜日で、地方で開催しても中央競馬の日程と競合する事情もあった。

初の中央開催となる今年は08年の園田競馬場(兵庫県尼崎市)以来、10年ぶり2度目の関西圏でのJBCとなる。

目玉レースのクラシックは過去にG1級を2勝しているケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、古馬相手だった前走のシリウスステークス(G3、阪神ダート2000メートル)を勝った3歳牡馬、オメガパフューム(栗東・安田翔伍厩舎)などが有力。昨年のJBCクラシック(東京・大井競馬場で開催)の覇者、サウンドトゥルー(去勢馬8歳、美浦・高木登厩舎)も出走予定だ。

ダート1200メートルで行われるスプリントは7月の中京でG3を圧勝したマテラスカイ(牡4歳、栗東・森秀行厩舎)が優勝候補。地方・船橋所属のキタサンミカヅキ(牡8歳)にもチャンスがありそう。ダート1800メートルのレディスクラシックはともに栗東の中竹和也厩舎に所属する4歳馬、ラビットランとクイーンマンボが中心となる。

(関根慶太郎)

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
キセキ(左から2頭目)はフォワ賞で完敗だった=共同共同

 日本でも注目度の高い欧州最高峰のレースのひとつ、凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)が10月6日に行われる。このレースに参戦予定の関西馬、キセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎) …続き (9/29)

マスターフェンサーは米クラシックで健闘した=APAP

 2019年の中央競馬も23日の宝塚記念(G1)が終わり、折り返し地点を迎えた。上半期の印象的な出来事のひとつは、関西馬の意欲的な海外遠征だろう。3歳馬のマスターフェンサー(牡、栗東・角田晃一厩舎)は …続き (6/30)

武豊(右)はフェブラリーSで早くもG1を勝った(17日、東京競馬場)=共同共同

 武豊(49、栗東・フリー)が年明けから好調だ。24日現在で26勝を挙げ、最多勝ランキングで2位につける。17日のフェブラリーステークス(東京、ダート1600メートル)では早くも今年のG1初勝利を飾っ …続き (3/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]