ローソン、アップルペイ決済時にポイント付与

2018/11/1 14:27
保存
共有
印刷
その他

ローソンは11月7日から、米アップルの「アップルペイ」での支払いと連動し、共通ポイント「Ponta(ポンタ)」を付与するサービスを始める。レジの読み取り端末にiPhoneをかざすと、決済時にポイントを加算する。ポイントカードのやりとりにかかる時間が減少し、レジ業務の生産性向上につながると判断した。

ローソンで使用される、「Ponta(ポンタ)」カード

ポンタ会員が前もって専用アプリでカード番号などをアップルペイにひもづけすると、サービスを利用できる。登録後は携帯端末を提示するといったアップルペイの支払い手順を踏むだけで、買い物と同時にポイントの受け取りが完了する。

ポイントのやりとりにローソンは「1件あたり最低でも数秒かかっている」(広報担当者)と分析。レジ作業の効率が改善するとみる。アプリの立ち上げやバーコードでのID読みとりなどが時間を要している。

「ポンタ」を運営する三菱商事系のロイヤリティマーケティング(東京・渋谷)は、ローソン以外にも広げていきたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]