ネット通販生鮮の陣 攻勢アマゾン、日本勢は共同戦線

2018/11/1 11:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット通販の分野で生鮮品などの食品が新たな主戦場となってきた。アマゾンジャパン(東京・目黒)は首都圏で展開する生鮮宅配の品目を増やし、関西進出も検討しているもようだ。きめ細かな管理が必要になるため生鮮品はネット通販の「鬼門」とされてきた。一気に攻勢をかけるアマゾンに対し、日本勢は楽天が西友と組むなどネットとリアルの共同戦線で対抗する動きが広がっている。

アマゾンは昨年4月、日本で生鮮宅配…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]