/

この記事は会員限定です

名門パイオニア、「孤高」がまねいた漂流

[有料会員限定]

名門パイオニアが資金難に見舞われている。テレビや家庭用オーディオを捨て、カーナビでもつまずいた。最後に残った地図情報などの技術に外資ファンドが手をさしのべているが、パイオニアが思い描く再建が可能か視界不良だ。

土壇場の契約遅れ

パイオニアは10月26日、投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアとの正式スポンサー契約締結が11月以降に遅れると発表した。ベアリングが最大600億円の資金をパイオニアに支援し出資。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3814文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン