/

この記事は会員限定です

統合報告書の発行、18年は9%増どまり 宝印刷系調べ

[有料会員限定]

経営戦略や社会貢献などをまとめた統合報告書を発行する企業の増加が一服している。2018年の発行企業は約450社と前年比9%増にとどまる見込みで、増加率は17年(23%)や16年(49%)から低下する。これまでけん引してきた大企業の発行が一巡していることが背景にある。今後は中堅以下の企業に裾野を広げられるかが課題となりそうだ。

統合報告書はこれまで、環境や社会への貢献度合いで投資家が企業を選別する「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン