/

富士通、PC発火の恐れ 対応ソフト配信

富士通は31日、2010~16年に発売したノートパソコンのバッテリーに発火の危険性があるとして、発火を防ぐプログラムを配布すると発表した。対象は約1712万台。11月上旬から米マイクロソフトの基本ソフト(OS)の機能を通じて、利用者のパソコンへ充電を制御するプログラムを送る。

今回のプログラムは17年2月から既に富士通の自社ウェブサイトで配信している。ただ、なかにはプログラムをダウンロードしていない利用者もいるとみられるため、OSの機能を通じて広く対処することにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン