/

この記事は会員限定です

野村HD、赤字が示した熱血営業の限界

証券部 関口慶太

[有料会員限定]

野村ホールディングス(HD)が10月31日に発表した2018年4~9月期の連結決算(米国会計基準)は最終損益が60億円の赤字と、上半期として7年ぶりの赤字に転落した。米国司法省との和解費用や子会社清算費用など一時費用が重なったことが主因だが、ドル箱だった個人営業部門の収益力に陰りが出ていることも見逃せない。金融庁の指針もあり、証券各社は顧客を熱心に回って頻繁な売買につなげる営業から、顧客から預か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン