/

農研機構、ゲノム編集イネを収穫 国産技術も採用

農業・食品産業技術総合研究機構は31日、遺伝子を自在に改変できる「ゲノム編集」で開発したイネを収穫した。もみの数や米粒の大きさに関係する遺伝子を改変することで収穫量が増えるか今後詳細に分析する。ゲノム編集したイネの栽培は昨年に続き2年目だが、今回初めて国産技術も採用した。

農業・食品産業技術総合研究機構はゲノム編集で遺伝子を改変したイネを収穫した(31日、茨城県つくば市)

農研機構は同日、茨城県つくば市の研究施設でイネの収穫を報道陣に公開した。晴天の中、花粉の飛散による交雑を防ぐため隔離した農場で栽培されたイネを約10人の職員らが機械で手際良く刈り取っていった。

栽培試験では「日本晴」などの品種に欧米の研究者が開発した「クリスパー・キャス9」という代表的な手法でもみの数や米粒の大きさに関係する遺伝子を改変した。農研機構の小松晃上級研究員は「昨年の栽培では良い傾向は出ているが、2年目を踏まえて評価したい」と話した。80系統から今後有望な10数系統までを絞り込む方針だ。

神戸大学の西田敬二教授らが開発したDNAの「塩基」を別の種類の塩基に置き換える手法でも米粒の大きさに関係する遺伝子を改変した。この手法がどこまで使えるかを検証する。

農研機構は収量が2割程度多い品種開発を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン