2018年11月14日(水)

中国のミャンマー港湾開発、合意書署名へ
「一帯一路」前進 規模は5分の1に

中国・台湾
東南アジア
2018/10/31 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマー西部のインド洋沿岸に中国主導で大規模な港湾を建設する計画で、ミャンマー政府と中国側企業が8日に基本合意書に正式署名することが分かった。中国の広域経済圏構想「一帯一路」の一環で、中国南部の雲南省からミャンマーを横断してインド洋に抜ける結節点となる。事業規模は13億ドル(約1400億円)で、当初予定から約5分の1に圧縮した。

中国国有の中国中信集団(CITIC)を中核…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報