/

この記事は会員限定です

ルネサス、試される地力 利益重視へアナログ強化必須

[有料会員限定]

半導体大手、ルネサスエレクトロニクスの成長が踊り場にさしかかっている。31日発表した2018年12月期の売上高予想は前年実績を3.3%下回る7546億円。熊本地震の反動など前の期にあった追い風が一巡した。再成長に向け、9月に発表した米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(IDT)買収などを通じたアナログ半導体の強化など、地力が試される局面に入った。

「昨年は需要のインフレが起こっていた」。柴田英利最高財務責任者(C...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1379文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン