2018年11月15日(木)

電通、ボヤージュを子会社化 CCIと経営統合

ネット・IT
2018/10/31 19:16
保存
共有
印刷
その他

電通は31日、ネット広告のVOYAGE GROUP(ボヤージュグループ)を連結子会社化すると発表した。ボヤージュは電通のインターネット広告子会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)と統合する。電通グループの顧客ネットワークとボヤージュの技術開発力を掛け合わせ、相乗効果を狙う。

同日に日本経済新聞の取材に応じたボヤージュグループの永岡英則取締役は「GAFAとよばれる米IT大手などとの競争など、市場環境は変化している。技術力だけではアクセスできない顧客とのネットワークをつくる」と経営統合の狙いを説明した。CCIの新沢明男社長は「日本の広告主はプライバシーや不正広告などの問題に敏感になっている。日本の顧客ごとにカスタマイズできる広告サービスを提供する」と話した。

ボヤージュが株式交換でCCIの全株式を取得し、持ち株会社を1月に設立する。電通にボヤージュの株式53.07%を割り当てる。持ち株会社は事業会社のボヤージュとCCIの株式をそれぞれ100%持つ。電通は今回の経営統合に関連し、外部に資金を支払わない格好だ。持ち株会社の名称は今後詰める。

ボヤージュは広告配信やポイントサイトの運営のほか、電子商取引(EC)や金融とITを融合させたフィンテック分野にも注力している。電通はボヤージュの技術を取り込み、インターネットやデータを活用したマーケティングを強化する。

(広井洋一郎)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報