2018年12月13日(木)

ハロウィーン 厳戒の渋谷、若者らで大混雑 逮捕者も

2018/10/31 19:06
保存
共有
印刷
その他

ハロウィーンの夜、渋谷のスクランブル交差点を横断する仮装した人たち(31日、東京都渋谷区)=笹津敏暉撮影

ハロウィーンの夜、渋谷のスクランブル交差点を横断する仮装した人たち(31日、東京都渋谷区)=笹津敏暉撮影

ハロウィーン当日の31日、東京・渋谷は仮装した人たちで大混雑した。警視庁は酒に酔った若者らによるトラブルが毎年頻発していることを踏まえて警備を強化。JR渋谷駅前のスクランブル交差点周辺で交通規制を実施し、車両の通行を禁止した。街の中心部では閉店を早める店舗もあった。

渋谷署によると、痴漢や公務執行妨害の容疑で男2人が逮捕された。

スクランブル交差点では夕方から、衣装やかぶり物を着た多くの若者や外国人が行き交った。友人と魔女の姿で参加した葛飾区の会社員女性(25)は「街中で仮装ができるイベントは他にない。会社に衣装を持って行き、直接参加した」と笑顔を見せた。

近年のハロウィーンでは、渋谷駅周辺に詰めかける若者らによるトラブルが目立つ。今年は本番を前にした週末に5人の逮捕者が出た。31日夜も交差点内で立ち止まって写真を撮り続けたり、バイクで騒音を立てたりする迷惑行為が見られた。

歩道は身動きができないほどの混雑となった。一部の人が車道にはみ出し「危ない。もっと詰めてくれ」などと叫び声が上がる場面があった。

ハロウィーンでにぎわう東京・渋谷のビルの屋上から火の手が上がった(東京・渋谷)

ハロウィーンでにぎわう東京・渋谷のビルの屋上から火の手が上がった(東京・渋谷)

中心部のセンター街にはゴミが散乱。ある雑貨店は営業を短縮して午後5時に閉店した。男性店長は「毎年ものすごい人が店の前に来る。防犯のため仕方ない」と困惑の様子。仮装姿での入店を断ったり、警備員を置いたりする店もあった。午後6時ごろにはセンター街のビルで火災が発生。けが人はなかったが、現場付近は煙や焦げ臭いにおいが漂い、多くのやじ馬で一時騒然となった。

周辺には数百人の警察官が出動。「DJポリス」が日本語や英語で「交差点内で立ち止まると大変危険です」などと呼びかけた。買い物に訪れた品川区の会社員男性(36)は「通行の邪魔で迷惑だ。マナーが守れないなら、規制を強めてほしい」と批判的だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報