2018年11月14日(水)

東経連ビジネスセンター、体感スピーカー事業を支援

北海道・東北
2018/10/31 21:00
保存
共有
印刷
その他

東経連ビジネスセンター(仙台市)は31日、音響機器製造のエンサウンド(盛岡市)を支援すると発表した。同社は支援を受け、クッション型スピーカーの仕様や使いやすさについて東北大学未来科学技術共同研究センターと研究を進め、19年秋の発売を目指す。

エンサウンドのスピーカーはじゅうたんのような柔らかい素材を使うことで雑音を抑えたほか、リアルな振動を実現したのが特徴。2010年に「抱っこ型」の柔らかいスピーカーを発売した。技術を応用するため、クッション型を開発した。

クッション型は家庭用ゲームとの連携や聴覚障害のある人らの使用を想定する。振動を利用した簡易マッサージ器としても使えるという。

まず据え置き型を開発し、将来はソファの背もたれに内蔵するタイプを開発する。映画館などへの展開も視野に入れる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報