/

3カ月交換で快適に、メニコンがハードコンタクト

メニコンが開いた新製品発表会。田中英成社長(右)と女優の浜辺美波さんが登壇した

国内コンタクトレンズ最大手のメニコンは11月1日から3カ月交換のハードコンタクトレンズ「フォーシーズン」を発売すると発表した。ハードコンタクトとソフトコンタクトの良さを兼ね合わせた製品として、まずは入会金と月会費を払う定額サービス「メルスプラン」で提供する。

金型に原料を流し込んでレンズを作るモールド製法を世界で初めてハードコンタクトに導入した。これによりレンズの周辺部が約15%薄くなり、重さも約10%軽量化、装用感が向上した。酸素透過性も同社製品で最も高いという。これまでは棒状の素材を削る製法で作っていた。

ハードコンタクトはソフトコンタクトに比べて酸素透過性が高いが、汚れや破損があっても使い続ける人もいる。1日交換や2週間交換のソフトコンタクトのように、定期的に取り換えるタイミングを提案する。

メルスプランでの月額費用は税別2400円。四季をイメージしたピンク、黄緑、オレンジ、水色の4色を用意する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン