/

この記事は会員限定です

太陽光パネル、台風・豪雨に弱く 経産省は規制強化へ

[有料会員限定]

豪雨や台風で、太陽光発電パネルが破損する被害が相次ぐ。2018年は少なくとも全国44カ所の太陽光発電所が被災した。設備が斜面から崩れ落ち、二次災害を起こしたケースもある。11年の東日本大震災後に全国で急増した太陽光発電。災害に対する弱さが浮き彫りとなり、経済産業省は設置基準などの見直しを進めている。

「災害時の停電はよくあるが、太陽光パネルによるあんな大きな被害は聞いたことがない」。四国電力の広報担当者が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン