/

この記事は会員限定です

生分解性プラ、微生物が分解 海洋汚染で高まる関心

[有料会員限定]

プラスチックごみによる海の汚染に世界の関心が高まり、微生物が分解する「生分解性プラスチック」が注目を集めている。微細なプラごみが海の生態系に悪影響を及ぼす恐れがあるためだ。化学会社は海の中でも分解する素材の開発に力を入れ、増産体制を整える。普及を後押ししようと、国際標準化機構(ISO)は性能を評価する基準づくりを進めている。

石油から作る従来のプラスチックは軽くて強く、なかなか分解しないのが特徴だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1705文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン