飲食無断キャンセル料に初指針 席だけ予約は5割請求

2018/10/31 16:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京・銀座の小料理店はホームページで無断キャンセルしないよう呼び掛ける

東京・銀座の小料理店はホームページで無断キャンセルしないよう呼び掛ける

全国の飲食店が加盟する業界団体などが「無断キャンセル」した客に対し、キャンセル料を請求する指針をまとめた。コース料理を予約した場合は全額を、席だけ予約したケースでも平均客単価の5割程度を請求する。これまで店側は泣き寝入りを迫られることも多く、損失は年2000億円に上るとされる。指針には強制力はないが、初の統一見解として普及を呼びかけ、消費者にも理解を求める。

【関連記事】「無断キャンセル」どう対応 飲食業界がルール作り

指針をまとめたのは全国の8万の飲食業者などが加盟する全国飲食業生活衛生同業組合連合会(東京・港)や日本フードサービス協会(同)、弁護士らで構成する団体。経済産業省や農林水産省、消費者庁も議論に参加した。

無断キャンセルとは、予約を入れながらも連絡しないまま当日来店しない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]