電力市場活性化で太陽光抑制を緩和 大量導入への課題
科学記者の目 編集委員 滝順一

2018/11/5 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光発電の導入が進んだ九州地方では昼間に電力が余るため、九州電力は太陽光発電の出力の抑制を始めた。現状の電力供給システムではやむを得ない措置とされるが、九州大学グリーンテクノロジー研究教育センターの原田達朗教授は「電力卸売市場で電力の需給と価格が連動し始めれば、状況は変わりうる」と話す。卸売市場の課題を尋ねた。

――九州電力が10月半ばに太陽光発電の出力抑制を実施しました。九州地方の太陽光発電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]