/

この記事は会員限定です

電力市場活性化で太陽光抑制を緩和 大量導入への課題

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

太陽光発電の導入が進んだ九州地方では昼間に電力が余るため、九州電力は太陽光発電の出力の抑制を始めた。現状の電力供給システムではやむを得ない措置とされるが、九州大学グリーンテクノロジー研究教育センターの原田達朗教授は「電力卸売市場で電力の需給と価格が連動し始めれば、状況は変わりうる」と話す。卸売市場の課題を尋ねた。

――九州電力が10月半ばに太陽光発電の出力抑制を実施しました。九州地方の太陽光発電の増加ぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン