/

AIが飲料生産立案 サントリーと日立がシステム

サントリー食品インターナショナルは31日、日立製作所と共同で人工知能(AI)による生産計画の自動立案システムを開発し、飲料などを生産する自社工場に導入すると発表した。2019年1月から自社9工場と主要な生産委託先の工場で運用を始める。立案にかかる時間を短縮するほか、国内の生産設備全体で最適な体制を整えられるようにする。

新システムでは、サントリー食品の計画立案ノウハウと日立のAI技術を組み合わせた。生産に必要なデータや納期などを入力するとAIが最適な計画を約1時間で立案する。これまではサントリー食品の熟練の従業員が経験に基づき、週ごとに平均で約40時間をかけて計画を立て工場を運営していた。AIによる自動立案のため、経験の浅い従業員でも利用できる。

また各工場ごとの生産計画だけでなく、距離の離れた複数の工場での生産体制を考慮して計画を立てるため、国内全体での生産を最適化できる利点もあるという。従来は工場が立地するエリアごとの生産体制を効率化する取り組みにとどまっていた。

サントリー食品ではシステム導入で工場の生産性を高め、業務効率の改善と従業員の負担軽減などにつなげる。また日立は今後、開発したシステムを外販しほかの飲料や食品などの生産工場でも利用できるサービスにする予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン