2018年12月11日(火)

中国景況感 2年3カ月ぶり低水準 10月、貿易戦争が影響

貿易摩擦
中国・台湾
2018/10/31 10:37
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国国家統計局が31日発表した2018年10月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月より0.6ポイント低い50.2だった。好不調の節目となる50は27カ月連続で上回ったものの、16年7月以来2年3カ月ぶりの低水準。米国との貿易戦争が企業の景況感にも響き始めているとみられる。

米中摩擦が激化し、中国経済は曲がり角を迎えた。スマートフォンの販売店では、客足が鈍っている。(広東省広州市)

PMIは製造業3千社のアンケート調査から算出し、生産や新規受注が50を上回れば拡大、下回れば縮小を示す。

生産は前月比1.0ポイント低い52.0。節目の50は上回ったが、春節(旧正月)休暇で統計がふれやすい1~3月を除くと15年11月以来の低水準だ。新規受注も同1.2ポイント低い50.8に沈んだ。

背景にあるのは米国との貿易戦争。米国は7~9月に計2500億ドル(約28兆円)分の中国製品に追加関税をかけた。輸出に限った新規受注は前月比1.1ポイント低い46.9と大幅に悪化し、今年6月から5カ月連続で50を下回った。輸入も同0.9ポイント低い47.6と4カ月連続の50割れ。輸出減少が新規受注の落ち込みにつながり、生産を下押ししている可能性がある。

雇用に波及する兆しもある。従業員の指標は前月比0.2ポイント低い48.1だった。政府が旗を振る債務削減のあおりを受け、民間企業の倒産が相次いでいることも背景にありそうだ。

保存
共有
印刷
その他

中国、貿易戦争の風圧 7~9月6.5%成長に減速[有料会員限定]

2018/10/20 1:30

中国企業の投資減速鮮明、日独企業の収益圧迫[有料会員限定]

2018/10/30付

貿易戦争に隠れた火種[有料会員限定]

2018/10/26付

中国リスクに目覚めた株式投資家[有料会員限定]

2018/10/24 7:27

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報