ケプラー宇宙望遠鏡が引退 太陽系外惑星を多数発見

2018/10/31 10:06
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米航空宇宙局(NASA)は30日、太陽系の外にある惑星を探してきたケプラー宇宙望遠鏡を燃料切れのため引退させると発表した。現在、地球から1億5千万キロ離れたところを飛行しており、今後、太陽の周りを回り続ける。

ケプラー宇宙望遠鏡の想像図=NASA提供・共同

ケプラー宇宙望遠鏡の想像図=NASA提供・共同

太陽系外惑星は観測が難しいとされてきたが、2009年に打ち上げられたケプラーにより、一気に約2700個が見つかった。チームは「太陽系以外にも惑星が宇宙のどこにでも存在することを教えてくれた」と強調した。

後継の宇宙望遠鏡「TESS(テス)」が18年から観測を始めており、地球のように生命をはぐくむ惑星の発見を目指して研究が続けられる。

発表によると、ケプラーの観測で20~50%の恒星に、生命に必須とされる液体の水がある惑星が存在する可能性があると分かった。恒星のすぐ近くを複数の惑星が回る奇妙な惑星系があることも明らかになった。

ケプラー宇宙望遠鏡が発見した地球とよく似た太陽系外惑星(右)の想像図=NASA提供・共同

ケプラー宇宙望遠鏡が発見した地球とよく似た太陽系外惑星(右)の想像図=NASA提供・共同

ケプラーは、恒星の前を横切る惑星によって光が遮られるのを捉える仕組み。13年に一部の装置が故障したが、チームは運用方法を変えるなどして観測を続け、53万以上の恒星を対象に惑星の有無を調べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]