/

東京芸大院にゲームコース 19年度から

東京芸術大は31日までに、2019年4月から大学院映像研究科(横浜市)にゲームの研究を行う専門のコースを開設すると発表した。芸術の一分野としてゲームを捉え、その可能性や映像表現のフィールドを広げるのが狙いで、東京芸大は「ゲームについて専門的に学べるのは国公立大では初ではないか」としている。

東京芸大によると、ゲームコースは映像研究科のアニメーション専攻とメディア映像専攻に在籍する修士課程(2年間)の学生が選択でき、各学年数人程度となる予定。デジタル、アナログ双方のゲームに関するさまざまな講義や演習を行うほか、修了研究として学生自らゲーム作品を制作する。

ゲームソフト大手「スクウェア・エニックス」などと連携し、講師の派遣を受けるほか、ゲーム教育分野で実績がある米国の大学との共同授業も実施するという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン